asciiTBPingfilter プラグイン

久しぶりの記事です(^^;)

 

スパムトラックバックが多くて参ってました

ずっと記事を書いていなくても。

むかつくー

 

ってことで【asciiTBPingfilter 】プラグインっていうのを入れてみました。

昨日の夜入れたのでまだ効果は???なのですが、とりあえずさっき見たときには何もありませんでした。

多い時では一日も経たずにスパム攻撃にあっているんですよね。

また少し時間をおいて確認して書きますね^^

続きを読む

パンくずリスト

2009_6_24.gif

パンくずリストをつけた。

 

ブログ記事

<a href=”<$MTBlogURL$>”>HOME</a>&nbsp;&nbsp;&gt;&nbsp;&nbsp;

<MTParentCategories glue=”&nbsp;&nbsp;&gt;&nbsp;&nbsp;”>

<a href=”<$MTCategoryArchiveLink$>”><MTCategoryLabel></a>

</MTParentCategories>

&nbsp;&nbsp;&gt;&nbsp;&nbsp;

<$mt:EntryTitle$>

 

 

カテゴリ別ブログ記事リスト

<a href=”<$MTBlogURL$>”>HOME</a>

<MTHasParentCategory>&nbsp;&nbsp;&gt;&nbsp;&nbsp;</MTHasParentCategory>

<MTParentCategories glue=”&nbsp;&nbsp;&gt;&nbsp;&nbsp;” exclude_current=”1″>

<a href=”<$MTCategoryArchiveLink$>”><MTCategoryLabel></a>

</MTParentCategories>

&nbsp;&nbsp;&gt;&nbsp;&nbsp;

<$mt:ArchiveTitle$>

 

 

月別ブログ記事リスト

<a href=”<$MTBlogURL$>”>HOME</a>

&nbsp;&nbsp;&gt;&nbsp;&nbsp;

<$mt:ArchiveTitle$>

 

 

 

これらを適当な場所(私の場合は<div id=”container-inner”> のあと)に入れた。

アップデート

Movable Type 4.26 の出荷を開始します

本日より Movable Type 4.26 の出荷を開始致します。Movable Type 4.26 では、多くのバグフィクスと、mt-wizerd.cgi において発見されたクロスサイトスクリプティングの脆弱性対応行っています。本バージョンは 脆弱性の修正も含まれておりますので、アップデートを推奨します。

Movable Type 4.25 からの主な修正です。

  • mt:Entries ブロックタグで category モディファイアを利用して特定のカテゴリに属する記事のみにする場合、& や空白を含むカテゴリー名でエラーになっていた問題を解決。

  • バックアップ/復元の信頼性向上

  • クエリ速度を改善するためにデータベースインデックスを変更

  • Movable Type 4.25 においてフィードウィジェットが表示されない問題を解決 (Movable Type Pro)

  • mt-wizerd.cgi において確認されたクロスサイトスクリプティングによる脆弱性に対応。

ってことだったのでアップデートしました。

私が設置したときは4.25だったのでアップデートした方がよさそうだったのでやってみました。

まずはデータをバックアップ。

失敗したら悲しいからね~。

あとはMovable Typeアップグレードガイドに沿ってやってみました。

 

とりあえずプラグインやら何やら直して元通り

↑あれを忘れてエラーこれを忘れてエラーってのはあったけど^_^;

月送りカレンダー

カレンダーで月送りが出来ないのはイヤだ~ってことで探していたらありました!

ウィジェットを作れば良いんだって~楽だーこれは(笑)

月の>や<をクリックすると月別アーカイブに飛びます。

エントリーがない月は表示されません。(私の場合は間があいたからとびとび~^_^;)

 

ウィジェット一つ目。

ウィジェット名:月移動カレンダー

<div class="widget-calendar widget">
<h3 class="widget-header">カレンダー</h3>
<div class="widget-content">
<table summary="リンク付きのカレンダー">
<caption>
<MTArchivePrevious archive_type="Monthly">
<a href="<$MTArchiveLink archive_type="Monthly"$>">&lt;</a>&nbsp;&nbsp;
</MTArchivePrevious>
<$MTCalendarDate format="%B %Y"$>
<MTArchiveNext archive_type="Monthly">
&nbsp;&nbsp;<a href="<$MTArchiveLink archive_type="Monthly"$>">&gt;</a>
</MTArchiveNext>
</caption>
<tr>
<th abbr="日曜日">日</th>
<th abbr="月曜日">月</th>
<th abbr="火曜日">火</th>
<th abbr="水曜日">水</th>
<th abbr="木曜日">木</th>
<th abbr="金曜日">金</th>
<th abbr="土曜日">土</th>
</tr>
<MTCalendar month="this">
<MTCalendarWeekHeader><tr></mt:CalendarWeekHeader>
<td><MTCalendarIfEntries>
<MTEntries lastn="1"><a href="<$MTEntryPermalink$>" title="<$MTEntryTitle$>"><$MTCalendarDay$></a></MTEntries>
</MTCalendarIfEntries>
<MTCalendarIfNoEntries><$MTCalendarDay$></MTCalendarIfNoEntries>
<MTCalendarIfBlank>&nbsp;</MTCalendarIfBlank></td>
<MTCalendarWeekFooter></tr></MTCalendarWeekFooter>
</MTCalendar>
</table>
</div>
</div>

 

 

ウィジェット二つ目。

ウィジェット名:カレンダー月移動

<MTIf name="datebased_only_archive">
<$MTInclude widget="月移動カレンダー"$>
<MTElse>
<MTIf name="entry_template">
<MTSetVarBlock name="thismonth"><$MTEntryDate format="%Y%m"$></MTSetVarBlock>
<MTArchiveList archive_type="Monthly">
<MTSetVarBlock name="month"><$MTArchiveDate format="%Y%m"$></MTSetVarBlock>
<MTIf name="month" eq="$thismonth">
<$MTInclude widget="月移動カレンダー"$>
</MTIf>
</MTArchiveList>

<MTElse>
<MTArchiveList archive_type="Monthly" lastn="1">
<$MTInclude widget="月移動カレンダー"$>
</MTArchiveList>

</MTIf>
</MTIf>

 

*緑字:月アーカイブ用、赤字:ブログ記事用、青字:メイン・カテゴリ用

スタイルシートに追加(お好みでってことなので私はフォントサイズを2pxあげました^_^;)

.widget-calendar table {
width: 100%;
}
.widget-calendar caption {
text-align: center;
padding-top:5px;
font-size:14px;
}

 

ウィジェットをセットして出来上がり~。

 

詳しくは

【WingMemo様の ダイナミックで月送りカレンダー(4) MT4版】

あちらを見た方が確実です(笑)←私が不親切?

ありがとうございまーす

FCKeditorでTypePadの絵文字アイコンを使えるキット

 FCKeditorでTypePadの絵文字アイコンを使えるキット

というのがあったのでやってみました。

FCKeditor Japan リリースファイル・リストより、Smily_TypePad_Kit1.zipをダウンロード。

解凍して任意の場所にアップ。

ものすごい数のアイコンが増えました(笑)

↑は一例です。

252種類ですって

 

すごすぎですぅ